スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃白白殺し屋さんサービス停止の御案内


平素は格別のご愛顧を賜り、心よりお礼申し上げます。

2011年10月より桃白白殺し屋さんサービスを開始し、世界36ヶ国で展開致しました。
以来、多数の皆様にご利用いただいてまいりましたが、この度、サービスを停止する事になりました。
(ってゆーか、既に停止してますが)

これまでご愛顧いただいた皆様に、桃白白歌劇団一同、深く感謝するとともに心より御礼申し上げます。

と、
ここで敗北宣言を出しておきます。

『終了』と書かずに『停止』としたのは、
万が一、PK鯖実装などの改善が行われ、
間違って戻って来てしまった際に
恥ずかしい思いを減らす為ですw


それでは、最後に

襲わせて頂いた方、
敵として戦って下さった方、
当ブログにお付き合い下さった方、
フレになって下さった方、
商会員のみなさん

少しでも繋がりのあった全ての方へ

お値段以上の楽しみを見出だせる事を
心よりお祈りしております。


お先に失礼致します。

最初で最後のオンラインゲームは、
こんな感じになっちゃいましたけど、

皆様のお陰で、
ちょ~楽しかったです^ ^


有難う御座いました!!

桃白白の奇妙な冒険

第一部 完

おわりだぉ!

スポンサーサイト

回避OPについて

折角なので、海賊回避OPについて
も今更触れておきます。

回避OPを実装すると聞いて、
周りは騒いでましたが、
私は全く不安も不満も感じなかったです。

あっそ、好きにすればいいんじゃない?
って。


上納が簡単に手に入るこの時代に、
しかも以前ほどPKは多くなく、
長崎を出るタイミングを間違えなきゃ、
ジャカルタを迂回してれば、
PKに出くわす確率なんて、
3ヶ月、半年に一回くらいじゃない?

こんなのを課金する人は能登サーバで4、5人だと思ってたのです。
出会えたら、ラッキーだな。
くらいにしか思ってませんでした。

それが、まさか10連続回避OPとの遭遇がザラみたいになるとは。ね。

そして、あの実装方法です。
交戦ボタン押すまでは、分からない。という。
完全に無駄な追いかけっこ。

これが10回連続で続くって。。
そのストレスといったら、もう。
気が狂ってもしょうがないですw
自分の存在を否定され続けてるわけですからね。

あるPKが回避OP利用者をブログで晒すという事件がありましたが。
正直、その気持ちは分かりました。

私自身は、
回避OP晒しに関しても、
美人局PKに関しても、
トレード詐欺に関しても、

さほど嫌悪感を持ってません。

もちろん、自分がヤられたら
身内がヤられたら
ブチ切れますけどね。

美人局は、あぁ、ヤられた~><
程度にしか感じないかもです。

上記を自分は絶対やらないです。
でも、
この世界に悪人は絶対いない。
みんな良い人。
ってゆー考え方でゲームするのもどうかと思ってしまいます。
ゲームの中くらい、犯罪のない世界がいい。という考えもあるかもですが、私はゲームの中でもちゃんと人間関係を築いていきたいですけどね。
この人は信頼に値する人なのか?みたいな。夢がないですかね。

回避OP晒しは、ゲーム外のブログで行ってしまってますから、やり過ぎかもしれませんがね。

あ、反論とかいらないです。

話戻します。

昔はイライラ、ムカムカしてた海賊回避OPですが
最後の方は、さほどストレスを感じてませんでした。

そもそも、こんなアホな実装をした運営に腹が立つわけであって、
しかし、その怒りの矛先は利用者に向いてしまう。という。
この怒りどうすれば!
みたいな、モヤモヤが取れないのが、さらなるストレスになってるのです。

でも、まぁ慣れます。

回避OPに嫌気がさし、
一度休止して、気づきました。

襲おうと思わなきゃいいんだ。
って。

元々、白ネを襲ってワーイってゆープレーを目指してたわけじゃない事を思い出したのです。

私のしたかった事は、
この世界には未だ海賊っぽいキチガイがいるから、
ドキドキしながら交易品を運べよ!

って、超天空から物申したかったのを思い出しました。

昔、私が味わった、
海賊に教えてもらった、
光栄が楽しみを教えてくれた
あのドキドキ感を貴方にも!
です。

自分でぶっ壊した世界に対する、
一部の修復と贖罪です。
(厨二っぽいw

なので、ただの偽善行為です。
でも、やらないよりは良いんじゃない?
誰もやらないなら、自分がやるべきなんじゃない?
だって、あんなに興奮させてもらったんだから。

恐らく、他の方よりも、
私はPKがいる事で交易を、このゲームを楽しませて貰ったんだと思ってます。

なので、その恩返しのつもりです。
って、誰にも頼まれてないし、
当の本人である光栄は辞めて欲しそうですけどね。

でも、
もー、そういう事でドキドキする時代は終わったのかもしれませんね~。
対応するアイテムもワンサカありますし、
いくら私が頑張った所で、もー昔みたいにドキドキさせられる事なんて
できやしないかもしれませんね。

この辺が潮時かもしれません。

まだ、そういった世界を求めてる人が少なからず存在する事は確信してます。
そうじゃない人が、沢山いる人も確信してます。


回避OPについて、最後に一つ

私の体感では、

海賊回避OPを使っている人の内

約7割の人は

無言です。



約1割の人は

暴言TELLです。

でも、
「ざまぁ~!」くらいのレベルです。
暴言は言い過ぎでした。

日に日に、この人達との会話も増えてきて、

回避OP「海賊も大変だなぁ~。まぁパイパイも頑張れよ!」

お前が言うな!!

くらいの仲になりましたw





そして、残りの2割くらいの方は、どんな反応だと思いますか?



襲おうとした私に向かって、

こう言います。


「ごめんね!」

「今月だけなんです。ごめんなさい!」

彼等の本心は分かりませんが、
正規にお金を払ったユーザーに対して、
こんな事を言わせてしまう実装をした光栄は天才だと思います。

別に課金が悪い事でもないのに、
上納の延長なのに(本質的には全く異なりますが)

実際に言わせてるのはオマエだろ!!

とか、いりません。。。

続きを読む

海賊になる

海賊になろうと決意し、
商会内でも公言した私ですが。

やっぱり海事の弱さ(プレイヤースキルの無さ)と、
白ネを襲わなきゃいけない事がネックとなり、
いつまで経っても実行に移せません。

イロイロ言い訳しましたね~

砲術カンストしてから、大海戦で爵位もらってから、剣術カンスト、操舵漕ぎ突撃・・・。

商会員Sw「本当は海賊になる気ないでしょ?桃さん臆病だしね~。」


桃白白「あるし。ワタシ海賊なるし!」

商会長N「桃には向いてないよ、海賊」

向いてない事くらい、自分で分かってるし。。。

商会員Sh「じゃあ、いつなるの?」


今でしょ!!

とは、言えなかったです。

桃白白「剣術カンストしたら、、、もしかする」


商会員Sh「確か、前は砲術って言ってたよね。砲術カンストしたよね?w」


商会員ドS「無理無理、桃さんは口だけだからw」

こんなやり取りを、商会チャットで2年くらい続けてた気がします。

砲術、剣術もカンストしたし、
白兵スキルもそれなりにある。
あとは、漕ぎと舵をある程度まで上げて、
可能ならPKを一人くらい倒して自信を付けて、
そんで白ネを襲う決心がついたら・・・きっと・・・。

が、突然の公式発表がでます。

2011年10月
海賊回避OP実装を含む、海賊制限の発表です。
http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/index_111007.htm
■ プレイヤー海賊に関する諸対応について

懐かしいですね~。
でも、もっと前の事だと思ってましたが
あれから、そんなに時間が経ってないんですね。

そして、この発表により、
巷では、コレは事実上、海賊終了のお知らせを意味するとの事。

こっちは、まだ始まってないんですけど!

お陰様で、迷う時間はなくなりました。
発表の数日後、カリブにてオレンジになってきました。

最初の一人は死ぬほどビビリましたね。
初めてナンパした時くらいビビりました。

商会員の「最初の一発目は襲わせてあげるよ♪」
ってのは、無視しました。

一発目に他人様を襲えないくらいなら、
海賊になる資格は無いって自分に言い聞かせてましたし。

あ、あの、突然すいません、ごめんなさい、あの、すいません、許してください

みたいな感じで、襲ったと記憶してます。
これじゃあ、どっちが襲ってるんだか。。


桃白白産まれる

海賊になりたいという願望は
初めてPKされ、
暫くしてから持ち始めます。

海賊は『このゲームの必要悪』だと感じ始めたのです。

ただ、白ネを襲う事には
死ぬほど抵抗感があります。
他人様に迷惑をかけて生きて行くなんて・・・。

また、弱い海賊はダサい、カッコ悪い。
やっぱり自分には無理。

海賊ってのは、死ぬほど強いイメージがあったんですよね。
私が言っちゃうのもアレですが、
実際は、あんま大したこと無いですw

あとは、海賊になった際のリスクです。
一回なっちゃうと、常に狙われ続けて、何もできなくなっちゃうのでは?


そんな理由で、海賊になる事は断念していました。


きっかけは、突然やってきます。

この頃の私は大航海時代のユーザーブログ(自分の鯖のみ)をイロイロと読んでました。

特に、便利な事が書いてある情報系ブログと、海賊ブログが大好きでした。
色々とブログは読み漁りましたかね~

そして、とある海賊さんのブログに辿りつきます。


ブログタイトルは

『大航海にっきっ』

です。

海賊ブログってゆーと、
俺TUEEEみたいのが多かった中、

この人のブログは、
ちょっと違ったんですよね。

なんていうか、

強さだけではなく
お茶目さ、
交渉というエンターテイメント性、
まるで物語のように芝居がかった戦闘シーンの描写

そして、たまに垣間見える『弱さ』(失礼っ)

過去に遡って記事の全てを読みました。

そして、確信しました。

自分にもできる!
と。
(この表現は失礼かな、、

もし自分が海賊になったら?
その海賊に対する方向性が、
ある程度ハッキリと見えてきました。

もちろん強さは求めます。
でも、海賊は強さだけでは無いんじゃないか?ってね。
強くなくても、プラスαの何かを持っていれば、やっていけるんじゃないか?
って。

そして、桃白白というキャラクターが誕生したのです。

つまり、メインキャラじゃなかったんですよね。桃白白は。
最後はメインキャラになっちゃいましたけど。

PKしてた理由

私がPKなんてやっちゃってた理由、色をつけた理由を書いてみます。

理由は以下2つです。

・やられた海賊に仕返しがしたい。

・やられた海賊と、その海賊システム(光栄)に恩返しがしたい。


大きくこの2点です。


一つ目の仕返しに関しては、
まぁ、よくある分かりやすいヤツですね。

だいたい想像つきますでしょうから端折って書きます。

これは、白ネPKKとして仕返しするという選択肢もあったかもしれません。

ただ、私の超個人的な考えですが、
ずっと海賊に対して『憧れ』と『畏怖』を感じて来た私にとって、
白ネPKKとは『恥ずかしい生き物』の象徴だったんですよね。

多少、語弊はあるかと思いますが、白ネ時代の私のPKKに対するイメージです。
あくまで私のイメージです。

リスク無しで海賊に突っ込んで行き、負けても被拿捕じゃなきゃ即再戦のゾンビアタック。
人数も常に相手の倍で勝負。
自分が勝って気持ちよくなるまで、永延と繰り返す。
そんでもって基本無言。
海賊の煽り、罵りも、パーティーチャットで冷ややかに嘲笑う。

それって逆じゃない?
っていう異論は認めません。
私のイメージです。

コノ人数差の話になると、
お互いが、お互い同じ事を言い合ってる気がします。
ただ過去の一例だけを持ち出して。
私の場合は、自分が白ネ時代の勝手なイメージなので、根拠も何もありませんよ。

ただ、この件で、いがみ合う、罵り合うのは、
健康的で良い事だと思います。

そして、私が艦隊を殆ど組まずに
基本ソロでやってた理由の一つは、コレもあったかもしれません。
白ネがガタガタ五月蝿そうだから。

まぁ、当時は白ネPKKの事をそんな風に見えてしまってたので、
白ネPKKとしての仕返しは、
ありえない。
恥ずかしい。
論外です。

また、あの頃は
PKは戦う相手にさほど困らない時代だったでしょうから、
リスクも負わない白ネPKKと戦う理由もない。

「色付けてから、来いや」

みたいに言われてしまうのです。

その日のうちの仕返しならまだしも、
数日経った後に、
色を付けていないのに戦って貰おうなんて、虫が好すぎる。
とも思ってました。

PKになった理由、
というか、色を付けた理由の一つは、そんなところですね。

んで、
仕返しは成功したの?

相手の方は既に他界されてましたよ><


纏めると、
リスク背負わずに、戦うのはカッコ悪い。
反論は認めません。
リスクってwwwみたいな嘲笑も不要です。


私の中では、

勝負の結果に拘るのが白ネPKK
勝負のプロローグとエピローグに拘るのがPK

って私の勝手なイメージです。
どっちが良い悪いとかいう次元の話ではありません。

ただし、自分が色ネになってからは、
白ネPKKに対する考え方も変わりましたね。

相手の方に対して、
『カッコ悪い』と思う事や、
「色付けて、出直せや」って言う事は無かったと思います。

逆に、白ネPKKの存在が有難かったです。

基本的に向かって来た白ネPKKとは
殆ど戦うようにしてました。
(一人のフランス国籍のPKKの方を除いては。)

単純に、
そんな事言ってられる程、
相手を選んでられる程、
外洋に人が居なかっただけもしれませんが。

ってか、もはや白ネPKKなんて、
滅多に出会わなかったですけどね。

もう一つの『私がPKをしている』理由に関しては、
後から書く記事の中に埋め込んでおきます。
プロフィール

桃白白

Author:桃白白
国籍:ヴェネ
職業:殺し屋さん
商会:イレーヌが支配する街の17番商館
師匠:ふぁっきんひる○んビフィズス菌(パクリ)
ペット:-')お粥
↑の絵はイラコン最優秀賞のあべりあ画伯より頂き♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。